どうしても食べたかった鰻定食

どうして食べたくなるのでしょうね。年に何度かは行ってしまう鰻屋さんがあります。

わたしはもちろんですが、父も大好きなので先日も行ってしまいました。
ちょうど元号の切り替わりで、平成最後に食べておきたいと謎の提案をして来ましたが、今年はまだ一度も行っていなかったし、特に外出の予定もないので連れて行ってあげました。

みんな考えが同じなんでしょうか、平日のお昼にも関わらず混んでいました。

いつもはランチ時に使用していない和室の座敷まで開放されていました。
和室の座敷は掘りごたつになってないので嫌がっている人もいましたが、わたしはいつも入れない場所に座れて大歓迎でした。

そのお店は大きな卵焼きがうな丼に乗った錦糸丼が有名なのですが、私はいつも定食を頼んでしまいます。
錦糸丼も美味しそうだなぁと思うのですが、どうもボリュームがありすぎて。
途中で飽きそう。

その点いつも頼んでいる定食だと、先付けもついているし、鯉の洗いなどのお造りも出て来るんです。
色んなものが少しずつ食べられるのでとってもおススメです。
みんな知らないのかなといつも思ってしまいます。

うな重を頼んで他のサイドメニューを単品で頼んでいる方もいますが、その方がかえって値段が高いのになぁ。
とにかく今回も満喫して帰ってきました。

また夏に土用だから行きたいと父が言うかな?

夏までに脱毛完了!(仙台)

やっと物欲が減った私

最近物欲がなくなってきました。
なんて言うか、欲しいものが少なくなってきちゃって・・・。
物欲がなくなるなんて私に限ってあるわけないって思っていたけど、実際に物欲が少なくなって自分でもビックリ。
私は欲張りでオシャレも大好きなんです。
そして人と同じものを着たくない、人と同じ物を持ちたくないという考えなのでオシャレにお金をつぎ込んでいました。
人とかぶるとそれがどんなに素敵な物でも一瞬で色あせて見えちゃうんですね・・・。
だから人とかぶらない物や一点物ばかり買ってました。
そうやって苦労して手に入れた物も半年くらい使うと飽きちゃうんですね・・・これがまた。
だからまた良い物を求め探し回ることになる。

そんなことを長年続けて、私は永遠にこのスパイラルから抜け出ることはできない!と思っていたんですが、できちゃったんですね~。
ふと気がつくとしばらく服を買っていない自分がいて。
40代後半になってやっと物欲が減りちょっと安心してます。

初めての手作りパン

以前本屋で「誰でも簡単にパンが作れる!」って本が目に留まり、衝動買いしてしまったのですが・・・・。
ずっと本棚に飾っていました(笑)買ったら満足するタイプ。。
やっと重い腰を上げ、いざ挑戦!いや~飾ってた、だけじゃないんですよ。
ちゃんと材料は買っていたんです!強力粉とかインスタントドライイーストとかetc・・やっぱり買ったら満足するタイプ(笑)
もう、すっかり作った気になってたんですが、全部「買った」で終わってたんですね~
っで今日やっと作ってみた訳です。「えっと~材料入れて~捏ねて~ふむふむ そいで~1次発酵して~・・」
あっあの~捏ねたんですが・・写真みたいにならないんですけどw 
そんで1次発酵、室温25度で50分って
今私の部屋の温度何度?気にして生きてきた事ないんですけどw
結果、ベッチャベッチャの生地を、何度かわからん部屋に適当に放置。
たいして発酵してないであろう、ベチャ生地を強引に丸め、これまた何度かわからない部屋に適当に置き2次発酵。
もうこうなりゃ焼けばどうにかなるだろうと、強引にオーブンへポイッ!
はい!チーン 焼けた!
「まぁっずぅ!!」 本の写真とはまったく別の物が出来上がり♪
世界のどこかの国でこんなパンが食べられてるかな~。
んなぁ~ことない!世界中でココだけじゃーー!!
皆さんも 適当ではおいしいパンができないって覚えておいて下さいね!(泣)

渋谷でまったり夜カフェ

渋谷に行くたび気になっていたカフェに行って来ました。
アンドピープルというお店なのですが、渋谷の東急ハンズ奥にあり、いつか道を間違って入ったときに偶然見つけたお店です。
駅から離れた場所にあるというのに、お店はいつも混んでいて、女性客やカップルが多い印象で気になっていました。
たまたま友人と食事をした帰りに寄ったのですが、とってもいい時間が過ごせました。

夜に行きましたが、平日だというのに店内はほぼ満席で、予約してくる方もいるようでした。
外観では一階のテラスしか見えないのですが、実は3階まである広いカフェです。
薄暗い明かりがムードをもり立てていて、座席はソファー席も多くてゆっくりできます。
全ての席が薄いカーテンのようなもので仕切られているため、個室にいる気分で過ごせます。
これはカップルがくるのも分かりますね。

メニューも豊富でコーヒー、カフェラテ系はもちろん、甘い抹茶のドリンクがあったり、ビールも種類が豊富でした。
今回はアンチョビのフライドポテトとビールをいただきましたが、デザートにクレームブリュレなどもあったので、お腹をすかせてまた行きたいと思います。
落ち着いた照明と、適度ににぎやかなお店なので緊張せずゆっくり過ごせますよ。

部屋を整理して、インテリア再考

部屋のインテリアを変えようと思い、まず少しづつ部屋の整理からスタートしました。
持ち物を減らしたすっきりした部屋というのが理想だったので、1年間着ていない洋服や、最近ずっと聞いていないCDなど、週末に特に時間をつくり必要なものを残すようにしていくと、自然とモノも淘汰されてゆき、手元には普段使っていたり、長年のお気に入りのものだったりするものが残りました。
窓辺に置いてある3段の木製の棚にもいろいろとディスプレイしていたのですが、残ったものをみてみると1段程度ですむくらいの量だったので、かえって空いているスペースが目立つようになっていました。
そこで、そのスペースに置くものとして、新たにワイヤーのカゴを購入し、雑貨を入れて目立たせないように収納してみたり、クローゼットの中にずっととっておいた横長の大きめの写真やポストカードなどを入れて飾るフレームを使って、中に大好きなパリのエッフェル塔が描かれたイラストや、パリに訪れた際に購入したレターセットなどを入れて飾ったりしています。
今まではあるものを何となく置くだけだったのですが、部屋を整理することによって、自分の好きなインテリアというのを考えるきっかけとなりました。

生食で食べる牡蠣の美味しさ

睡眠に関する本を読んでいたら、睡眠に影響している栄養素は亜鉛だということがわかりました。
亜鉛は意識して摂っていなかったのですが、亜鉛が不足すると睡眠の質が下がってしまうようです。
亜鉛は牡蠣などに多く含まれています。
しかし、牡蠣はノロウィルスなどの影響で最近はほとんど食べていません。
というか、牡蠣自体、普段からそれほど多くは食べない食材です。
かなり前になりますが、一時期生牡蠣にはまった時期がありました。
その頃は生食用の牡蠣を買ってきて、ポン酢や酢醤油、レモン汁などをかけて食べるのが美味しくて癖になっていました。
牡蠣はツルっとしていて、何個でも食べることができました。
今では安全性の問題などから生食では食べなくなりました。
いつかまた、生食で牡蠣を食べたいと思っています。

何年経ってもやはり慣れない

仕事でいつも車を運転しているんですが、北国すんでいることもあって冬場の道路は危険なことがたくさんあります。
気温が氷点下になれば道路は凍ってスケートリンクになってしまいます。
いくら冬タイヤに交換していても止まるときに止まることが出来ないんです。
免許を取得してから10年近くたちますが冬の運転は怖いです。
夜中の仕事だから特に冷えて道路も最悪な感じで、雪が降れば圧雪されるから滑りにくくなっていいんですがアイスバーンの時は勘弁です。
配達が遅れてしまうと待っている人もいるから早くしないといけないという焦りもあるんです。
焦っても仕方がないし事故を起こしてしまったらもっと大変だから常に神経集中するような日々を送っています。

久しぶりに

私はあまり人付き合いがうまい方ではないので、友人の数はかなり少ないですが、その代わり付き合っている友人とは、気を使わないで済む、気心がしれた友人ばかりです。
それが極稀にそこまで親しくない知人レベルの人からしつこく会いたいと言ってくる人がいます。
懐かしい人だったり、お互い気を遣わないでいい人ならば会いたいのですが、1人ワガママだし、かなり気分屋で、心の病の知人が、断っても断っても連絡してくる人がいます。
普通ならば全然OKなのですが、急に塩対応してきたりするので、嫌だったのですが、断りきれずランチをしましたが、私は翌日誕生日なのに手ぶら。
しかし、彼女と娘の誕生日プレゼントはしっかりせしめて行かれるし、割り勘も何故か彼女が安いし…
久々に会っだけれど、どっと疲れました。

ラジオを聴く生活

私は毎日ラジオを聴いています。
私は洋楽が好きなので、比較的洋楽を多く流す放送局を選んで聴くようにしています。
ラジオを聴いていると今流行している音楽がたくさん流れます。
また、曲紹介もあるので、誰の何という曲かもわかります。
以前の私はラジオを聴く習慣がなく、ほとんどテレビを見ることが多くありました。
テレビでは音楽番組を見ることはほとんどなく、また今流行の音楽がいつも流れているという状況ではありません。
ラジオはリアルタイムで今の情報を知ることができます。
さらに作業をしながらでも、ラジオを聴くことができるのでとても便利です。
今のようにラジオをたくさん効くようになったのは、学生時代以来かもしれません。
さすがに深夜放送は聴いていませんが、早朝から夕方までラジオを長時間聴いています。

犬を見ると思い出す事

私が幼い頃、親戚の家で拾われて うちに来ることになった子が病気で亡くなり、 1年ほど経ち、やっぱり犬がいないのは寂しいね、 と家族の考えが一致して、 父がもらってきてくれた犬の思い出話です。
それももう20年近く前のことですが。 生後3ヶ月の女の子。
油断するとすぐに舌の出る、 おマヌケさんな顔の、かわいい雑種の子です。
兄弟がたくさんいて、 その中でうちに来た子だけ、 押しのけられ、ごはんにありつけていなかったそうです。
本当は私も一緒にもらいに行くはずだったのですが、 下見のつもりで父は一人で行ってみたそうです。
するとどんくさい子がいたものだから、 「こいつになんか食わしてやりてぇ!」 父はそう思い、即決してしまったそうです。
そのおマヌケさん顔の子は、 とってもとっても優しい子でした。
その子もずいぶん前に 亡くなってしまいましたが、 父が連れてきてくれたのが あの子でよかったなぁ、と今もよく思い出します。
またあんなにかわいい子に出会いたいものです。

新しい職場で頑張っています

約1年間職を探していたのですが、去年の5月にようやく新しい職場が決まり、勤務する事になりました。
パソコン関係の仕事をしたいとずっと思って探していたので、面接を受けその場で合格をもらった時は、とても嬉しくて「会社と何よりも自分の為に頑張ろう」と思いました。
5月から念願叶ってパソコン関係の職に就いて9ヵ月になりますが、職場の同僚は良い人ばかりだし、皆さん仕事が分からない時は尋ねると、一つ一つ丁寧に教えて下さります。
何より、仕事をしていて楽しいし、遣り甲斐がとてもあります。
体調を崩して休んでしまい、未だ1カ月間休みなしで働けた事が無いので、今後の目標としては仕事を休まずに、多少体調が悪くても出勤して仕事をする、という事です。
今月は既に4日休んでしまったので、来月こそは頑張りたいと思っています。

鈍感力が必要

私は茶道を親友に誘われて一緒に習っていますが、正直なところ、趣味の一環としてと言うか私は別の流派に元々いて、そちらでお免状を貰っているので、習いたい親友の付き添い、そしてその親友と同じ日にお稽古に行き、お稽古が終わってからランチへ行ったりするのが楽しくて、お稽古をしているようなとこらがあるので、その時が楽しかったらそれで良いのですが、、、
私は経験者のため先生としては今よりもっと頑張って社中を引っ張って欲しいようで、依怙贔屓が甚だしいです。
先生の好き嫌いが激しくて、私は好かれているので、何をしても褒められますが、嫌いな人がやるとめちゃくちゃ叱られています。
見ていて心痛いのですが、当の本人はどこ吹く風。
あの鈍感力は見習いたいくらい凄いです。

勧誘電話をやり過ごす

私は茶道を習っています。
しかし、恥ずかしながら自分1人で着付けが出来ず、いつも一緒にお手伝いする人が着付けの資格があるので、その人にお願いしていました。
しかし、今回その人にお願い出来ないけど、お茶会のお手伝いをすることになった時に親友と一緒に着物屋さんでやっている着付け教室に行くことにしました。
その着物屋さんで親友は小物を買ったけど、勧誘が激しいと聞いていたので身構えていましたが、着付けを習っている時は全くなく、安心していました。
無事に着付けがなんとができるようになりお店に行かなくなってから、定期的にキャンペーンだのなんだのとDMを送ってきます。
その程度ならまぁあちらも仕事だし、仕方ないと思いますが、携帯に何度も、しかも仕事中に掛けてくるのは辞めてもらいたいです。
買いたくても気持ちが失せます。

お腹が空いて食べ過ぎた!

朝起きてものすごくお腹が空いていることに気が付きました。
そして時計を見てみるとなんと時刻はお昼を過ぎていました。
それはお腹がすくわけです。
前日の夜の夜更かしし過ぎたせいでこんな時間です。
ちょっと自分でも反省しました。
起きてすぐにご飯を食べるために台所に降りて行きました。
いろいろと漁って見たけど、すぐに食べられそうなものと言えばカップラーメンでした。
そんなわけで朝食を食べれなかった私はカップラーメンを2つ食べました。
最高に美味しくて幸せでした。
2つも食べる自分には自分でドン引きしたけど、食べてみると2つで丁度だったなと思います。
1個だけじゃ足りなかったでしょう。
お腹が空いて食べ過ぎてしまったけど、まあ朝食べてないしいいやと私は無理やり納得しました。
でも、、、健康にはちょっと気をつけたいと思います。

料理メニューを考えるのが苦痛です

自分一人で、食事の好き嫌いがなくて、食費を無制限に使っていいのなら、食事メニューを考えるのも楽ですが、そうはいかないのが現実なので、毎日献立を考えるのに、頭を悩まされています。
とくに、高齢の祖母の食事が大変です。
作らないくせに文句を言う、食費は出さないくせに、国産品や脂身のない高いお肉しか食べない、朝食はご飯とみそ汁がなければいけない、野菜や冷凍食品や揚げ物も好きではない、という祖母は、人生で出会ったことがないくらい偏食で、食事にわがままです。
年をとってからでなく、昔から食事にわがままで、外食しても入院しても旅行に行っても、いつも食事中に「マズイ」だの「食べるものがない」などブツブツ文句を言うので、食事作りも、食事中も、胃痛ばかりして、家族の食卓では、いつも食事がおいしく感じられず、祖母以外の家族皆がストレスを感じています。